阿蘇の雲海

top.jpg
九重連山の朝焼け

海岸部では小さく海に突き出した所を「鼻」と呼びます。例えば熊本県牛深市近くの「コボシ鼻」 「兜鼻」「鳴瀬鼻」のように、いくつもの「鼻」が存在しています。内陸部の阿蘇にも「遠見が鼻」 と呼ばれていたところがあります。大観望です。阿蘇地方では外輪山上のでっぱりをすべて 鼻とよんでいるそうです。

その遠見が鼻、昭和7年、徳富蘇峰が「あまりにも雄大な風景に感心して」 大観望と名付けたそうです。

(大観望の看板参照)

季節が夏から秋へ移る頃、阿蘇の雲海、それも阿蘇五岳が雲の上に浮かぶ「涅槃像」が 見たくて、毎週早朝の阿蘇に通いました。僕の目の前に現れたのは……。

画像をクリックすると詳細ページに行きます。

雲海1

(8月28日)
一回目。朝3時に出発、県道36号(熊本益城大津線)、国道57号、菊池郡大津町 ミルクロード入り口交差点からミルクロードを通って、6時前に大観望到着。道路、そして 大観望も霧。雲の間から陽が差す。雲が生まれる場所がある。

009sam.jpg

(9月4日)
二回目。この時は国道57号阿蘇郡阿蘇町賀田入り口交差点から、県道175号を内牧へ。そして 国道212号を通って行った。6時前、まだ夜は明けていなかった。 暗闇から現れたのは、緋色の空と黒い雲。この世の始まり。

017sam.jpg

(9月11日)
三回目。いつものように家を出る。この時はあまり期待していなかった。ちょうど波野村のそばの花が 見頃だという情報をいただいたので、花見をメインにした阿蘇行きだった。台風も近づいていたので、 あきらめてはいたのだが。光臨

033sam.jpg

(9月18日)
とうとう四回目。「今日こそは」と祈ってみても、、、。天気は上々、気温も下がっているようで、 車のフロントガラスは曇っていた。「雲海確率60%」と呟き、いつものように3時過ぎに出発。 夜明けが遅くなっているのを感じる。見えた。

036sam.jpg
(10月2日)
阿蘇、国道57号線の気温は10度。朝の明けるのも遅くなっている。霧が出ていた。 霧、これが雲海であろう。「今日は見ることができる」という確信。そして思った通りに 雲は下に沈んでいた。 粛々と過ぎ行く時。

最初に戻る index