岫雲院

「延久三年、菊池氏初代則隆が春日大明神を勧請し、その加護寺として建立したのがこの 天台宗春日寺である。

当時この一帯には中央から勧請した社寺が立ち並んで繁栄していたが、戦国時代に菊池 氏が衰えると共に衰微し、春日寺も菊池正観寺の末寺となって禅宗寺院となった。 寛永九年(1632年)に肥後の国主となった細川忠利は春日寺を再興して岫雲院の 名を与えたので、以後は岫雲院が正式の名称となった。」

岫雲院案内板より

岫雲院 岫雲院

細川忠利公はこの地で火葬されており、「岫雲院由来覚書」には忠利公と寺の関係 が書かれている。 左は山門、右は忠利公火葬場跡。