来迎院

「約1300年前、大宝年間、時の天皇が日本の安泰祈願のため建てられた勅願寺で、本尊は阿弥陀如来。 熊本では最も寺格の高い寺で、初めは万日山頂にあって沢山の坊や多数の僧侶がいて修法につとめていた。 度々の失火や戦火で、一時白川畔に移されたので、その一帯を今に阿弥陀寺町という。 その後現在地に再建修復されて今日に至る。正しくは大宝山阿弥陀寺来迎院。」(境内の案内板より引用)

来迎院 来迎院

熊本市の阿弥陀寺町はこの寺に由来していた。加藤清正が肥後に入国したのち 阿弥陀寺は細工町に移されたのだが、宗教というものはときに、本来の意味を失ってその表面 だけが一人歩きしているよう思えた。「仏教というものは本来…」などと書くのは 別の機会に譲るとして、過去という形は常に存在すると考えた。