春日七丁目は、万日山と独鈷(どっこ)山の間にあり、直線道路が宅地を綺麗に区画している。 明治21年に旧陸軍第6師団の射的場が造られた。現在の熊本鉄道寮(鉄道学園)から独鈷山の 麓までの約1000メートル、八丁目との境界線にある道路と春日団地、雇用促進団地前の 2本の直線道路との間にあったそうだ。この射的場は昭和初期まであり、その後食料増産のため 耕地化され、第2次世界大戦後民間に払い下げられ、現在のような宅地や田畑になった。

画像クリックすると大きい画像で見ることが出来ます。
001sam.jpg 003sam.jpg 004sam.jpg 005sam.jpg
002sam.jpg 006sam.jpg 007sam.jpg 008sam.jpg
009sam.jpg 010sam.jpg 011sam.jpg 012sam.jpg

撮影場所

〜写真の説明〜

  1. 県道熊本玉名線
  2. 病院、飲食店、スーパーが並ぶ。今後も変化していくように思われる。
  3. たつみ屋
  4. お好み焼き、ヤキソバの配達専門店。
  5. はせがわクリニック
  6. 医療と癒療、そんな感じの病院です。隣は2000年開店した居酒屋チェーン店。
  7. 七丁目全景
  8. 独鈷山中腹から。左に迫り出しているのが万日山。
  9. 春日団地
  10. 七丁目16番、春日団地からの万日山。
  11. 七、八丁目境界線の道路
  12. 真っ直ぐな道路で南北に分かれている。真っ直ぐな道路で南北に分かれている。
  13. 雇用促進事業団地<
  14. 春日には旧国鉄用地が点在する。国鉄清算事業団により売却が行われている。
  15. 熊本鉄道寮
  16. 鉄道寮、その前の鉄道学園として多くの鉄道職員の生活を支えてきた。
  17. 森高家
  18. 森高千里さんの実家と地元の人々から言われている。(確認はしていません)
  19. 森高邸前の道。
  20. 灰本サイクルさんの修理には定評がある。
  21. 森高邸前の道。
  22. 梅園
  23. 「坊主山」とも呼ばれる。 宅地化が進んでいるとはいえ、田畑が多い。