春日四丁目は横手に隣接し花岡山、万日山 の中腹から県道の間に静かな住宅地を形成している。その住宅地までは何本もの坂道で結ばれて いて、あたかも迷路のような感じさえうける。しかしながら熊本市内を展望できることが、坂道という 不便さを相殺してなお余りあるよう思う。昭和26年「花岡山土地区画整理事業」が完工される までは、池、沼沢がある雑木林や山畑であった。

画像クリックすると大きい画像で見ることが出来ます。
016sam.jpg 018sam.jpg 019sam.jpg 020sam.jpg
026sam.jpg 017sam.jpg 034sam.jpg 029sam.jpg
032sam.jpg 033sam.jpg 037sam.jpg 039sam.jpg

撮影場所

〜写真の説明〜

  1. 春日神社神殿の見える路地
  2. 春日四丁目23番
  3. 北の方向にはいつも花岡山の仏舎利塔がある。
  4. 斜面を利用した住宅
  5. 花岡山中腹の斜面はひな壇式に宅地が造成されている。
  6. 階段
  7. 石造りの階段が続く。この風景が昭和10、20年代の区画整理事業の難工事を偲ばせる。
  8. 花岡山中腹の住宅地
  9. 昭和10年都市計画に基づき始まった区画整備事業は16年もの歳月を要した。
  10. 万日山
  11. 昭和20年後半まで万日山中腹は果樹園であった。高度成長期には開発の計画もあったという。
  12. 四丁目3番
  13. 清水寺側の住宅地。
  14. 万日山から
  15. 五反地区
  16. 細川忠利からこの辺りの土地五反七畝を下賜されたのでこの地名が付いたと言われる。
  17. 四丁目8番
  18. 1999年の台風による強風により、多くの家屋が被害にあった。
  19. 清水寺の石垣
  20. 清水寺の石垣に張りついている 木の根が歴史の深さを感じさせる。
  21. 横手との境界線から
  22. 春日陸橋を左に行くと北岡神社、右が清水寺、下をくぐると三丁目である。