小国町下城の大いちょう

ichou_top.jpg

樹齢千年を越え、幹廻り10メートル、樹高20メートルのこの公孫樹(いちょう)は、 国道212号線沿い阿蘇郡小国町下城にある。「下城上総介経賢の母妙栄尼の墓標と伝承されている。」 とのことである。(小国町教育委員会による案内)

2000年11月6日、見頃を過ぎようとしているとの情報を得て、快晴の熊本を早朝出発する。 小国に着くと霧が漂っていて、過去へタイムスリップしたような錯覚。突然現れた黄金色の 大木。一瞬息を飲む。近づくとともに、その黄金色は輝きを増し、側に寄ると冷気が身体を 包む。千年前から続く一瞬。

画像をクリックすると大きい画像で見ることが出来ます。

ichou0002sam.jpg ichou0003sam.jpg ichou0004sam.jpg ichou0005sam.jpg

ichou0006sam.jpg ichou0007sam.jpg ichou0008sam.jpg ichou0001sam.jpg

最初に戻る index