百貫まで(電停跡を訪ねて)

田崎

田崎 田崎

左の写真が「百貫踏切」。道路右が田崎一丁目、左が春日六丁目。この辺りに百貫電車田崎停留所が あったらしいのだが?道路を曲がったところが市営バス停留所「田崎踏切」。

右の写真は踏切から百貫方面の風景。この辺りには昔からの商店が多い。酒屋、米屋、豆腐屋、 雑貨屋…。どれも古き良き時代の面影を残していて、下町の商店という感じが好きだ。

高野辺田(こうやべた)

kounobeta1.JPG koiyabeta.JPG

この高野辺田という地名を知った時に、高野山と繋がりがあるのだろうかと思ったのだが、そのとうり 肥州高野山が近くにあった。現在のバス停の「上高野辺田」は春日七丁目、「下高野辺田」は池上町 にある。熊本総合卸市場の周辺や春日七、八丁目は田畑だったようで、高野山の寺領だったものと 考えられる。

風景というもの、記憶の中ではかなり曖昧だと(というか風景の微妙な変化を流れでは受け止められない)と思う。

上高橋

takahashi3.JPG takahashi4.JPG

高野辺田を過ぎると坪井川が見えてくる。そして井芹川と合流するのがここ高橋の辺りである。 右の写真、微かに見えるのが高橋稲荷神社に通じる高橋稲荷大橋。高橋稲荷神社は日本五大 稲荷神社の一つである。

ここを船が行き来していたのだろうが、現在川面を揺らすのは風。どこからかやって来た風だけだ。

楢崎

narazaki2.JPG narazaki1.JPG

この楢崎あたりまで来ると海を感じる。匂いもする。松尾川から引かれているであろう用水も、 井芹川でその役目を終える。ここで漁具を見かけた。そのことに非常に感動した。(当たり前の ことかもしれないが)春日では海を感じる隙さえないのだが、すこし、本当にすこしだけ行けば 海がある。

熊本市は海に面しているのだが、なぜだか海の気配がない街である。(それは僕の気のせいかも しれないのだが)普通これほど近くに海があるとその気配を身体のどこかで、あるいは風景の 一部で感じると思うのだが、それがない。川のイメイジがその気配を消しているのか、それとも …。分らない。

百貫

hyakkan3.JPG hyakkan4.JPG

終点の百貫。左の写真の辺りに電車の停留所があったという。右下の道路が旧道。あたらしく 国道501号を建設する際、旧道と国道の間を埋め立てた、ということである。

ここが港町であった。

覆された風景のかけらを探そうとしたが、そこには逆光を通して一隻の廃船だけが、砂に埋もれ ているだけであった。その物言わぬ輪郭のまわり、その周囲の光だけが、かすかに過去との接点で あるかのように感じた。

narazaki2.JPG narazaki1.JPG
最初に戻る 戻る