メメントモリ

003.jpg

津久見湾、冬。
海の風景ほど変化を見せてくれるものはない、と思う。
あの夏のキラキラした感じは、どこに行ってしまったのだろうか。
アレハマボロシ!

いや、これが本当の姿。
僕達は頭のどこかで、この風景を避けているのかもしれない。

メメントモリ。死を想え。
冬支度のできた風景は、いまだ夏をひきずっていて、
そこいらにその想い出を残している。
喪に服したような公孫樹の木の下の黄金色の悲しみがそうだ。
その悲しみの欠片をひとつひとつ拾い集めては
また来る季節のことなどを考えている。
(12月21日)

home index