津久見市 中田町(2)

001.jpg

津久見市中田町にある岩崎商店さんは酒屋と煙草屋であるが、 以前は岩崎酒造として造り酒屋を営んでいたらしい。

岩崎商店さんの広い敷地の片隅にポツンとタンクがひとつ。 これがなにを貯蔵してたかというはっきりとした事実は分からないのだけれど、 醸造用のアルコールかなんかをこのタンクに入れていたのだろうと、 おそらく誰もがそう思うに違いないと、僕は思っている。

タンクに書かれた文字、たぶん昭和44年1月10日に設置されたのだろう。 もうすでに30数年の月日が過ぎていて、回りの風景も変わってしまったのだろうが このタンクはその時のまま、そこにあって、そしてもう少し未来の時間にもそこにあると思う。

それは撤去費用がかかるからというよりも、岩崎商店のおじさんの意地みたいなものがあるようにも思える。 礎石のように思えてくる。

(11月15日)
home index