津久見駅

津久見駅

春、津久見駅、深夜。

3月も終わり、日中の暖かさが残っている深夜3時。津久見駅に行く。 動くものがない。時間までが止まっているような空間。静寂。 あと数時間もすれば、僕の居場所までなくなってしまうほどの朝が訪れる。 僕は三脚を立て、カメラをセットし、そして変化しないだろう風景の変わり目に シャッターを押す。 外灯ふたつ、なんと明るいことか。 ひとつふたつ、昔のことなど思い出す。 (変化のない風景はいつもそうさせるのだが。) 想い出なんていうものは、浄化され、記憶の中で美化されているように思う。 (2001年3月23日)
home index