楠本浦(くすもとうら)
ka029_2sam.jpg

幾重にも重なる岬や鼻、正面には沖黒島を見ることができる楠本浦は入津湾の奥まったところに 位置する。蒲江町内で唯一中高網を許可されていたところであり、 大正期には真珠養殖をこの楠本湾で始めたことから、蒲江町における真珠養殖発祥の地 と呼ばれている。

現在湾内にはもじゃこ(はまちの稚魚)養殖の筏が並ぶが、ほとんどが 尾浦と畑野浦の養殖業者のものである。水産業に従事するものが少なく、この集落でも 過疎化はすすんでいるようである。

ka025sam.jpg
楠本湾
ka026sam.jpg
小学校周辺
ka027sam.jpg
楠本漁港
ka028sam.jpg
もじゃこ漁船
home index