畑野浦(はたのうら)
ka021sam.jpg

佐伯市から国道388号線畑野浦トンネルを抜けると、眼下に集落が見える。旧入津村の中心地 畑野浦である。江戸時代には入津湾内でただ一ヶ所大庄屋が置かれていた。

楠本浦と尾浦地区 を合わせて上入津といい、上入津中学校、上入津漁協や蒲江町役場支所があり、現在でも この地域の中心地であることには変わりないようである。真珠養殖でその名を全国に知られることに なったこの地区の開発は町内でも早かったといわれている。また阿蘇氏の一族や菊池氏の 遺臣間曽一族、長曽我部の遺臣戸一族が来居した地であるとされており、その姓は現在も 受け継がれている。

ka014sam.jpg
畑野浦漁港
ka023sam.jpg
畑野浦港全景
ka024sam.jpg
江武戸海岸(正面右)
ka015sam.jpg
底引き漁船
home index