Home > Tags > 茎節

茎節

春の摘葉と秋の芽摘み

シャコバサボテンの摘葉とは花や木でいう切り戻しのことで、先端の葉を摘み取る作業です。 秋に行う芽摘みは、先端に出てきた新芽を摘む作業で、どちらも似ているのですが、 その目的と方法が違います。

摘葉

摘葉の目的

花が終わり休眠期を経てシャコバサボテンは成長期に入ります。 摘葉をせずに、そのまま育てると葉が伸びてしまい、株の形が悪くなるのと、 その結果として茎節と茎節の間が広がり、 花と花との間隔が広くなります。 摘葉は茎節の分枝を促し、茎節数を増やし、花を密集させて咲かせるために行います。

摘葉の時期

摘葉の目的で書いたように、茎節の分枝を促し茎節数を増やすために行う作業ですから、 新芽が出始める成長期の初期が最も適しています。ですから3月の下旬から4月にかけて 行います。

摘葉の方法

摘葉は節のところを、ひねって摘み取ります。 先端の茎節1~3節を摘み取ります。この時、茎節が成長した様子を想像するといいでしょう。 「摘葉した状態から茎節が2、3節伸びる、そこに花が咲く」というイメージで行います。

te_1.JPG te_2.JPG

左が摘葉前の写真で、右が摘葉を終えたものです。 1節摘んだところもあれば3節摘んだところもあります。あまり無理して摘むと、 株自体を傷つける場合もありますので、慎重に行って下さい。また株が古くなると 茎節が固くなります。このような場合はハサミなどを使うとよいでしょう。

摘葉する時に、茎節が成長した様子を想像するといいでしょう。 「摘葉した状態から茎節が2、3節伸びる、そこに花が咲く」というイメージで行います。

芽摘み

芽摘みの目的

シャコバサボテンが花を咲かせる条件のひとつに、茎節の成熟があります。 先端の茎節が蕾を着けられるぐらい成熟するのには、発芽から40日以上を必要とします。 9月下旬が花芽分化期とすると、蕾を着ける先端の茎節は、少なくとも8月中旬以前に 発芽したものに限られるということです。(詳しくは「花を咲かせよう」)

「水やりの方法」で、「水やりを控えめにし、成長を止めて、 茎節の先端を熟成させる」と書きました。しかし、着蕾準備期である9月は成長期でもあり、 水やりを控えめにしても株は成長しようとして新芽を出します。 その新芽を摘んで成熟した芽だけを残し、株全体を一斉に開花させるために芽摘みを行うのです。 春の摘葉と違って、新芽だけを摘むのが秋の芽摘みです。

芽摘みの時期

上記のように株が蕾を着けようとする時期(花芽分化期)より少し前に行いますが、9月になったら 順次行ってもかまいません。着蕾の条件が揃えば、新芽は出てこなくなります。それは成長が 新芽を出すよりも、花を咲かせるということに向かうからです。

芽摘みの方法

春の摘葉と同じ方法で行います。

シャコバサボテンの葉、茎節について

茎節について

シャコバ茎節

シャコバサボテンの葉にあたる部分を「茎節」と呼びます。ここでもこの表現を使用しています。 「葉状茎」とも言われているように葉の形をした茎です。茎節と茎節のつなぎ目のところが「節」 です。

先端の茎節から数えて1節目と呼ぶ方もおられますが、これだと説明する時に 各株によってどの辺りか分かり難いので、ここでは根が着いている茎節を第1茎節と 呼んでいます。(メールで説明するときの利便性を考えてです)

「株」はこの写真全体のことを言ったりするのですが、これも根のついた茎節1本だけ を呼ばせていただきます。シャコバサボテン一鉢というのは、元々1本の茎節にから 分枝した株が数株寄せて植えられていると考えたほうが分かりやすいのではないか と思うからです。

花を咲かせよう(花芽を育てる)

花が咲くための条件とは

前年に買ったシャコバサボテンを春夏と育ててきて、 いざ開花という時期になって蕾が着かないという話しを良く聞きます。 シャコバサボテンに限らず植物は、ある一定の条件の元に花が咲くという 本能を持っています。その条件とは、その植物が生まれた所で自然に 成育していると揃うものです。しかし どうしても育てる人間の都合というものが介入して、その条件が揃わず、 花を着けないということが起こります。

シャコバサボテンが花芽を着ける条件には3つあります。「短日」「気温」「茎節の成熟」 です。この条件が揃う時期を「花芽分化期」と言います。 「揃う時期」と書きましたが、言い換えれば「条件を揃えれば」花が咲くのです。 その3つの条件について述べます。

短日

短日とは昼の長さが夜よりも短いことを言います。シャコバサボテンは短日植物で、 短日になると花を咲かそうという成長に移っていきます。シャコバサボテンは一般的に、 12時間以上の夜に長さ(暗闇)になった時期に花芽を形成するという言われています。

【短日植物の限界暗期(花芽を作るのに必要な暗闇の時間)は、植物によって違います。 例えば同じ短日植物であるコスモスはシャコバサボテンよりも早く咲きます。 これはコスモスの限界暗期がシャコバサボテンのそれよりも短いということです。 シャコバサボテンにおいても、品種によって幾分違いはあると思います。】

自然に短日になる時期は、地域差があるとしても 9月下旬から10月上旬です。短日になったら花芽を形成するのですが、 これは季節だからという理由ではなく、暗闇が12時間あるという条件の元にですから、 12時間以上の暗闇であるという条件で連続して栽培しなければなりません。 ですからこの時期の夜間の置き場には、電灯などの生活光を避ける必要があります。

どうしても室内でしか置き場がないという場合や、屋外では霜の恐れもあるという 場合は、夕方から翌朝までダンボールなどで暗室を作って、その中に置くとよいでしょう。 このような方法を短日処置と言います。

気温

一般的には気温20度ぐらいが花芽分化の適温だと言われています。どのくらいの 気温で反応するかという資料はないのですが、栃木県戦場ヶ原の山上げ栽培の例を 見てみますと、最低気温12℃、最高気温26℃で花芽分化を行っています。 このことからやはり9月下旬頃からの気温が花芽分化に適していると考えられます。 短日期間もそうですが、低温遭遇期間も連続しなければなりません。ですから、9月中旬 から最低気温が10以下になる頃までは屋外で育てます。

茎節の成熟

新芽
先端についた新芽

どの茎節にも蕾が着き花が咲くのではなくて、発芽から40日以上過ぎた茎節に着蕾します。 ちょうど花芽分化期にあたる9月下旬から11月中旬にかけては、シャコバサボテンの成長する のに適した気候でもあります。花を咲かせる体になるとともに茎節を伸ばそうとする時期でも あります。成長不適気温になるまで、このまま成長を続けさせても良いのですが、 そうすると花がバラバラに咲いてしまいますし、成長が止まるわけですから、花芽分化もしない ものまででてきます。 ですから先端の茎節の成熟度を同じぐらいにして花を一斉に咲かせるために芽摘みを行います。 (「春の摘葉と秋の芽摘み」

写真は9月下旬に出た新芽です。これが成長して花芽を着けるまで成熟するのに 40日間、それから花芽分化するとなると12月中旬になります。ちょうど成長を 止めようとする時期になりますので、この新芽がそこまで成長できるかも定かでは ありません。ですからこの新芽を摘んで、新芽の着いている茎節に花芽を着けさせるのです。 芽摘みを行った株は成長を止めるために水やりは控えめにします。

以上花芽分化の3条件を述べました。この3条件を人為的に揃えて開花を早めたり しています。9月に出回っているシャコバサボテンがそうです。「山上げ」といって 夏に気温の低い高地に移動して育てる方法があります。野菜や果実などは 市場価値の高い時期に出荷できるように短日処理や低温遭遇をさせている ものもあります。

Home > Tags > 茎節

Return to page top