Home > Tags > 着蕾準備期

着蕾準備期

春の摘葉と秋の芽摘み

シャコバサボテンの摘葉とは花や木でいう切り戻しのことで、先端の葉を摘み取る作業です。 秋に行う芽摘みは、先端に出てきた新芽を摘む作業で、どちらも似ているのですが、 その目的と方法が違います。

摘葉

摘葉の目的

花が終わり休眠期を経てシャコバサボテンは成長期に入ります。 摘葉をせずに、そのまま育てると葉が伸びてしまい、株の形が悪くなるのと、 その結果として茎節と茎節の間が広がり、 花と花との間隔が広くなります。 摘葉は茎節の分枝を促し、茎節数を増やし、花を密集させて咲かせるために行います。

摘葉の時期

摘葉の目的で書いたように、茎節の分枝を促し茎節数を増やすために行う作業ですから、 新芽が出始める成長期の初期が最も適しています。ですから3月の下旬から4月にかけて 行います。

摘葉の方法

摘葉は節のところを、ひねって摘み取ります。 先端の茎節1~3節を摘み取ります。この時、茎節が成長した様子を想像するといいでしょう。 「摘葉した状態から茎節が2、3節伸びる、そこに花が咲く」というイメージで行います。

te_1.JPG te_2.JPG

左が摘葉前の写真で、右が摘葉を終えたものです。 1節摘んだところもあれば3節摘んだところもあります。あまり無理して摘むと、 株自体を傷つける場合もありますので、慎重に行って下さい。また株が古くなると 茎節が固くなります。このような場合はハサミなどを使うとよいでしょう。

摘葉する時に、茎節が成長した様子を想像するといいでしょう。 「摘葉した状態から茎節が2、3節伸びる、そこに花が咲く」というイメージで行います。

芽摘み

芽摘みの目的

シャコバサボテンが花を咲かせる条件のひとつに、茎節の成熟があります。 先端の茎節が蕾を着けられるぐらい成熟するのには、発芽から40日以上を必要とします。 9月下旬が花芽分化期とすると、蕾を着ける先端の茎節は、少なくとも8月中旬以前に 発芽したものに限られるということです。(詳しくは「花を咲かせよう」)

「水やりの方法」で、「水やりを控えめにし、成長を止めて、 茎節の先端を熟成させる」と書きました。しかし、着蕾準備期である9月は成長期でもあり、 水やりを控えめにしても株は成長しようとして新芽を出します。 その新芽を摘んで成熟した芽だけを残し、株全体を一斉に開花させるために芽摘みを行うのです。 春の摘葉と違って、新芽だけを摘むのが秋の芽摘みです。

芽摘みの時期

上記のように株が蕾を着けようとする時期(花芽分化期)より少し前に行いますが、9月になったら 順次行ってもかまいません。着蕾の条件が揃えば、新芽は出てこなくなります。それは成長が 新芽を出すよりも、花を咲かせるということに向かうからです。

芽摘みの方法

春の摘葉と同じ方法で行います。

Home > Tags > 着蕾準備期

Return to page top