Home > Tags > 根腐れ

根腐れ

植物を育てるのが苦手

「植物栽培が苦手」という人も多くて、そんな人の喩えとして「サボテンも枯らす」なんて言いますよね。サボテンは確かに水やりということでは、他の植物よりも回数が少ないかもしれませんが(種類によって違うのですが)、それゆえ難しいということも言えると思います。

とにかく水も肥料も日光もガンガン与えて育てる、というほうが楽ではないかと思っています。シャコバサボテンのように、半日陰で夏の施肥や水やりは控える、冬の休眠期もしかり、なんてことになると、スケジュールを書いていないと忘れてしまいそうですけれど。

そういうボクもはじめたばかりの頃は、年間のスケジュールを壁に貼ってました。そしてノートに細かくつけていたのです。今のほうが大雑把で「枯れなきゃ良いんだから」なんて思っているぐらいです。

花を咲かせるのが難しいのですが、育てるだけならそれほど、ということです。サボテンも育てるだけならなんとか出来るかもしれませんが、花を咲かせるとなると難しいのでしょうね。最近では100円ショップにもサボテンが売られていますが、あれを育てて花を咲かせる人はどれくらいいるのだろうか、なんていつも思ってしまいます。

シャコバも同じで、花を咲かせないのならばそれほど難しい植物ではないように思います。それに強い植物です。根腐れがあるといっても、その危険が迫ると茎節から気根を出して生き延びようとしますから。トカゲの尻尾切りみたいなもんで、枯れそうになるとその部分を切り離そうとします。

シャコバだけではなくて、着生植物は節から根を出して這うように育とうとしますよね。蔓状のもの、例えばアイビーの類とか芋類、トポスなんてのもいるいろなところから根を出そうとします。

もともと植物は強くて、身の危険が迫るとなんとか生き延びようとする力が備わっています。なにも植物だけではなくて人間も、生き物全てそうした治癒力、蘇生力があるのですが、狭い鉢の中や、野生とはかけ離れた生活をすると、そういった強さがなくなってゆくのでしょうね。

それに遠く故郷を離れて環境の違う場所で育てられているのだから、ストレスもたまるのだろうと思います。そういったストレスから弱くなっているのかもしれません。

そう考えると、植物も動物たちもかわいそうなものだと思います。そういうことをイメージしながら育てることが出来ると、もう少し気持ちが近づけるのかなあ、なんて思っています。

植物とのコミュニケーションを取ることが出来ると、その苦手意識もなくなるのでしょうが、これまたコミュニケーションってのは難しいですもんね。相手の気持ちになる、ということは、簡単そうでなかなか出来ないですから…。

カニバサボテンにカエル

梅雨

多くの地域で入梅しました。
今日は梅雨の晴れ間で、気温湿度も高く午前中からエアコンを付けたり扇風機を回したりしました。

熱中症もこの時期に多いという話を聞いたことがあるのですが、身体が夏の準備をしていな頃なので暑さによるダメージを受けやすいのでしょうね。植物も同じなのかもしれません。空中湿度が高くなると鉢土からの水分蒸発も少なくなります。それによって土がなかなか乾かないという状態になる場合もあるでしょうね。

特に直接地面に置いている場合は多湿に注意しなければなりませんね。それにそういう場所にはかならずナメクジも登場しますから、植物を食べられたりなんて話も聞きます。そういった虫害を防ぐためにも風通しのよい棚などで管理するほうが良いでしょうね。

雨に直接降られるということによる多湿も防げて、鉢土をコントロールできるということもあるので、ベランダや軒下で管理したほうが良いでしょうね。今日のような梅雨の晴れ間には、鉢土も高温多湿になってシャコバサボテンにとっても不快指数急上昇になりますから、日陰の風通しの良いところで休ませてあげるということも大切だと思います。

これから気温が30度なんて日になるとなおさらで、根腐れが起こりやすい時期でもありますから注意が必要でしょう。

では、また。

近くの公園で

毎月の管理

休眠期

1月

この時期は開花着蕾期でもあります。 開花中の株は暖房器具の直射熱や窓際の直射日光 を避けて、なおかつ低温にならない場所に置きます。窓際は昼夜の温度差がありますので、 注意して下さい。 花が終わった株は休眠に入りますので肥料は施しません。水やりも控えめにします。

「水やりの方法」 「どこに置いて育てるか」 を参考にして下さい。

2月

花も終わり休眠中の株は1月と同じように管理します。寒い季節にもっとも重要なことは 低温から株を守るということです。部屋の中でもドアの近くや窓辺などは氷点下になるような 場所は避けて置くようにします。

3月

下旬ごろから成長期に入ります。それまでは1月、2月の管理と同じです。最低気温が12℃~15℃ になったら成長期の管理を行います。施肥もこの温度を境に再開しますが、4月に植え替えを行い ますので置き肥はせずに薄めの液肥を施すようにします。

成長期

4月

成長期ですので施肥をします。植え替えまでは液肥だけです。最低気温が12℃~15℃以上に なったら「植え替え」「摘葉」を行います。 また同じ頃に室内から屋外の半日陰の場所へ移します。 植え替えが終わったら置き肥もします。病害虫がつきにくい植物ですが、予防薬の散布も 行うと良いでしょう。

5月

気温の上昇にともない鉢の中の温度も、午後の直射日光下ではかなり高くなる季節です。 これからは半日陰での管理になります。水やりも鉢土の表面が乾いたらおこないます。 植え替えや摘葉が終わってない場合は出きるだけはやく行います。

6月

中下旬から梅雨になり蒸し暑い季節にはいります。雨を避けて屋内や軒下などの 雨に影響されない場所での管理になります。根腐れの原因は鉢土の高温、過湿ですので これから9月初旬まではできるだけ涼しい場所での管理を行います。

成長不適期

7月

シャコバサボテンにとって最悪の季節の到来です。成長不適期は根腐れの原因になりますので 肥料も止めます。置肥も取り除きます。涼しい場所を探すのも難しくなります。クーラーの効いた 部屋の中が最適な場所ですが、その場合は直接クーラーの冷気に当らない場所に 置きます。

8月

7月と同じです。お盆休みなどで家を留守にする場合、室内に置いている鉢は 屋外の涼しい場所へ移動します。この時日が当らなくても、とにかく涼しい場所 ということだけを考えます。この成育不適期から蕾が着くまでは水のやりすぎに 注意し、鉢土を乾かし気味にします。

開花着蕾期

9月

初旬はまだ暑い日が続きますので、成育不適期と同じ管理をします。いよいよ中旬からは 花を咲かせるための管理に移行します。鉢土は乾かし気味にし、芽摘みをして、短日の場所に置く のですが、詳しくは 「花を咲かせよう」「春の摘葉と秋の芽摘み」 を参考に作業をして下さい。

この月に出始める開花株を買われたら出来るだけ涼しい 場所に置いてください。

10月

蕾が着くまでは9月の管理ですが、着蕾後は蕾を育てるために基本も水やりを行います。 肥料は施しません。 着蕾後、蕾が大きくなるまでは落蕾の危険性がありますので、栽培環境を変えないようにします。

11月

日毎に寒さが増してきます。屋外から室内への搬入時期をいつにするかは 「どこに置いて育てるか」を参照して下さい。 今月からは寒さ対策を考えます。着蕾した蕾が成長するのにはある程度の温度が必要ですので、 外気温が低すぎる場合は早めに室内へ移動し育てましょう。

12月

蕾が着いてない株は引き続き短日での管理を行います。室内への搬入が終わっていて、 室内灯などで短日にするのが難しい場合は人工的に短日処理を行います。 (短日処理は「花を咲かせよう」をご覧下さい。) 花が終わったら休眠期になりますので、休眠を誘導するためにも 水は控えめに、施肥はしません。

水やりの方法

水やりはどんな植物栽培でも難しいものです。シャコバサボテンの栽培においても、もっとも気を使う作業だと言えるでしょう。水やりは何日に何回と明言できるものではなくて、使用用土や栽培している気候などによって、いつやるかが変わってきます。以下に書いた水やりの方法を参考にして、あなたに合った水やりの方法をお探しになれば良いかと思います。

水やりの基本

水やりのタイミング

鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底から水が流れ出すくらいたっぷり与える。

水やりは午前中

特に冬は、10~12時の日中暖かい時間が適しています。

鉢皿に水をためない

水やり後鉢皿に水がたまったままだと、鉢土の水分が過多になり、根腐れを起こしやすくなります。鉢皿に水をためて鉢底から吸わせる方法はなるべくなら避けてください。

冬の水やりは室内で

戸外で行なうと、寒さの害を受けやすいので気をつけましょう。

成育パターンに合わせた水やり

シャコバサボテンの成育パターンは休眠期、成長期、成育不適期、開花着蕾期の4つに分かれます。これに合わせた水やりを行います。

休眠期(1月~3月)

休眠中の鉢土は乾かし気味にします。鉢土が乾いてさらに3~4日程待って行います。この時期は室内で管理していますので、室温が高いと自然蒸発分も多くなり鉢土も乾きやすいかもしれませんので、鉢土の様子をよく観察したほうが良いでしょう。水やりの回数も減って空気の乾燥する季節ですので、水やりのほかに、月に一度は霧吹きで株全体に水をかけるようにします。

しかし加湿器などで室内の湿度を調整している場合は、それほど神経質になる必要もないと思います。休眠期ですので、株に刺激を与えるようなことは避けたほうが良いでしょう。

成長期(4月~6月)

この時期には基本の水やりを行います。この時期においても鉢土の過湿には十分注意します。「鉢土の表面が乾いたら」というのが判断し難い場合は、鉢を持ち上げてその重さで判断するのもいいでしょう。また鉢土の表面を少し掘ってみると分かりやすいです。

成育不適期(7月~8月)

月上旬までは夏の暑さにより成育不適期となります。この時期注意しなければならないのは根腐れです。夏の高温期には鉢の中も暑くなります。そういった時期に過湿にすると根腐れを起します。ですから乾かし気味にします。梅雨には雨の当らない場所に置くのも重要なことです。

開花着蕾期(9月~1月)

蕾が着くまでは、成育不適期に引き続き乾かし気味の水やりを行います。この時期は気候的に成長期なので、株は新しい芽を出そうとします。蕾を着けさせるためには、その成長を止めて、茎節の先端を熟成させる必要があります。この時期を着蕾準備期と言ってます。蕾が着いたら、蕾の成長を促すために基本の水やりにします。開花中も基本の水やりを行います。

シャコバサボテンQ&A回答編(2)

11・根が黄色くなり腐っている

根腐れです。それまでに色々な症状があり、それで根を調べたのでしょう。鉢土から抜いているでしょうから、腐っている部分は捨てて植え替えましょう。また広範囲や株全体が腐っている場合は、挿し芽を行い株の更新を行います。回答編(1)の<10< 鉢土からの異臭 も参照して下さい。
根腐れは水のやり過ぎによる鉢土の過湿や、肥料濃度が高い場合、根詰まりによる場合などの原因で起こります。また季節に関わらず起こりますので、注意が必要です。このサイトの「水やりの方法」「植え替え」「土・肥料について」「挿し芽の方法」などを参考にしてください。

■関連ページ>>>水やりの方法/ 植え替え/ 土・肥料について/ 挿し芽の方法

12・葉の色が変わった

シャコバサボテンの葉の色が変わるというのは水、肥料、そして日光という植物の生育に必要な要素が多いか少ないかという場合に起こります。葉色が赤味を帯びていて紫色に近くなっているものは過湿による根腐か、水不足(この場合、根腐れによる給水不全も含みます)が原因の場合が多いです。要するに水に起因するものです。また葉色が薄い場合は肥料不足が原因か、水分不足の場合です。いずれにせよ水やりや施肥、置き場所などが適切ではない場合に起こりやすいです。根腐れの場合は上記「<11>根が黄色くなり腐っている」を参考に処置してください。肥料不足の場合は薄い肥料から施していきます。慌てて一度に濃い肥料を施すと根腐れを起こしますので注意が必要です。
また元のほうの茎節が茶色く硬くなるのは、株が古くなり茎節が木質化したものですから、病気ではありません。

■関連ページ>>>水やりの方法/ 土・肥料について

13・暑い時期の水やりと施肥

水やりは乾かし気味にします。暑い時期の水のやり過ぎは根腐れの原因となります。鉢土は乾かし気味にして出来るだけ涼しい場所に置きます。また、肥料も施しません。置き肥の場合は7月中旬には取り除くなどして、肥料効果が残らないようにします。

■関連ページ>>>水やりの方法/ 土・肥料について

14・9月初めなのに開花株が売られている

これは開花調整したものです。開花調整とは花を咲かせる条件を人口的に揃えてやり、開花時期を早めたりすることを言います。開花する条件はなど詳しくは 「花を咲かせよう(花芽を育てよう)」 をご覧ください。

方法としては「山上げ栽培」と言って、平地が暑い夏に高地に株を運んで育てる方法があります。山上げ栽培については岐阜大学、福井教授の 「戦場ヶ原の山上げ栽培」 に詳しい説明がありますのでご覧ください。

また最近、四季咲きのシャコバサボテンが開発されたようで 桜ガーデン さんのサイト見ることができますし、販売もしてます。

■関連ページ>>>花を咲かせよう(花芽を育てる)

15・買ったばかりの株の蕾が落ちた

シャコバサボテンは環境の変化にとても敏感な植物で、蕾が小さい程生育環境の変化の影響を受けやすく蕾が落ちるようです。特に購入された株が開花調整されたものであれば、自然開花の時期よりも早い開花ですので、高い気温により落蕾しやすくなります。

対処法としては、(1)購入時に蕾の大きいものを買う(2)出来るだけ涼しい場所で育てる(低温すぎると蕾の成長障害を引き起こしますので注意してください)などです。詳しくは「シャコバサボテンを買おう」の株の選び方をご覧ください。

■関連ページ>>>シャコバサボテンを購入

16・室内へ取り込む時期

10月下旬から11月にかけて室内へ搬入します。時期は「霜が降りる少し前」(ライチさん)「夜間の最低気温が10℃~13℃になったら」(NHK趣味の園芸)と、地域差などで少し時期がずれてくるかと思います。時期的に昼間の温度が20℃を超える日もありますので、室内に取り込んでも置く場所には十分注意します。特に蕾が着いたばかりの株は落蕾しやすい時期ですので、できるだけ涼しいところで寒くない場所での管理となります。

■関連ページ>>>どこに置いて育てるか

17・蕾が着きません

蕾が着き花が咲くには「短日」「温度」「茎節の熟成」の三要素が揃わなければいけません。詳しくは「花を咲かせよう(花芽を育てよう)」をご覧下さい。

■関連ページ>>>花を咲かせよう(花芽を育てる)

18・蕾が着く葉と着かない葉があります

上記回答<17<で書きましたが、蕾が着き花が咲くには「短日」「温度」「茎節の熟成」の三要素が揃わなければなりませんが、この場合蕾が着いているので「短日」「温度」の条件は揃ったのでしょう。蕾が着かない葉があるということは「茎節の熟成」したものと、しなかったものがあったと考えられます。熟成したものとは、発芽から40日以上過ぎた茎節ですから、それに達してない茎節にはこれから着くということになります。茎節の熟成度を一定にして、開花を揃えるために秋に芽摘みをおこないます。

■関連ページ>>>花を咲かせよう(花芽を育てる)/ 春の摘葉と秋の芽摘み

19・蕾が大きくなりません

蕾が着く頃から気温が下がってきます。そして室内へ取り込みが始まります。この時、今まで育てていた屋外の気温と室内の温度差が大きいと(室内のほうが高いと)蕾が落ちます。かといってあまりにも低いと蕾が成長しません。蕾が成長したものが花ですから、成長に適した環境に置かないといけません。ですから10℃ぐらいの温度がないと蕾はなかなか開花に向かいません。暖かい地方ですとこのような状況よりも落蕾のほうが多いのですが、寒い地方での栽培では寒さにより蕾が開花しないということが起こるようです。

また室内へ取り込む時期が遅くなってしまって、冷害にあってしまったということもありますので、取り込む時期についても注意しなければいけません。

気根が出てきた時の対処法としては、植え替えて鉢土の通気性や排水性をよくしてあげることがあげられますが、春以外の植え替え時期を逃した場合は、鉢土の表面を少し耕して通気性や排水性を高めます。また珪酸塩白土製品のミリオンなどを表面にばら撒きます。その上で同じく珪酸塩白土製品のハイフレッシュを水やりのときに使用します。

■関連ページ>>>花を咲かせよう(花芽を育てる)/ どこに置いて育てるか

20・白い花の株にピンクの花が咲いた

ホワイトクリスマスと言う白い花を購入した。翌年なぜかピンクの花が咲いた?花色の変化はどうして起きてしまったのでしょうか。白色の花には良く見られる現象です。

【例】スノーフレークは、花の中心が、ピンク色をしております。光量が、少なくなる程ピンクが濃くなるようです。原因は、明らかでは、ありませんが、一般に花芽分化後の生育温度が低いのが原因と思われます。通常(市販)は、夜間の温度が15度を保っているのに対して自然環境においては、気温が低下しているのです。どうしても低温期間が続いていまいます。他の品種ならそれでも綺麗に咲きますが、白花のみに関しては、着色してしまうのです。そこで、どうしても咲かせたい人は、花芽分化後の温度を高めに保って管理してみましょう。(ライチさんのワンポイント・テクニックです。)

Home > Tags > 根腐れ

Return to page top