Home > Tags > 月ごと

月ごと

どこに置いて育てるか

~室内から屋外へ~

3月

下旬には冬の休眠期からそろそろ目覚める時期ですが、まだ寒い日もあり東日本では降雪もあります。3月いっぱいは室内の明るい場所に置いて管理します。霜が降りなくなったら屋外でも良いのですが、室内との気温差が大きいと成長が遅れる場合があります。

4月

最低気温が約12℃以上になる中旬から屋外へ移動させます。屋外での置き場所は半日陰です。日光をまんべんなく株に当て均等に育てるため、鉢が一週間で一周する感じで回転させます。

5月

4月と同じ場所と方法で管理します。屋外で育てる場所がない場合は室内でもかまいませんが、室温に注意して下さい。室内ですと日光不足あるいは過多のどちらかに偏りやすいので、これも注意してください。それでも成長して行く季節ではありますが。

~涼しい場所で~

6月

これから夏の間には真昼の直射日光が当るような所には置いてはいけません。気温の上昇に伴い出きる限り涼しい場所に置きます。下旬から雨の日が多くなりますが、雨も避けて置きます。過湿による根腐れを防ぐためです。

7月

涼しい場所です。場合によっては室内のクーラーの効いた部屋に置き管理します。私の場合も室内で管理しています。この場合クーラーの冷気が直接当らないような場所に置きます。

8月

7月と同じ場所で管理します。シャコバサボテンの栽培では、春秋は遮光率30パーセント、夏は50パーセントと言われています。

~室内への搬入~

9月

9月は暦のうえでは秋とはいえ日中の気温が30度近くなる日もあります。落蕾の危険温度は25度ですから、この時期に購入した着蕾株は出来る限り涼しい場所に置きます。蕾が大きくなり、開花し始めたら場所を移動しても良いでしょう。この場合も基本は涼しい所です。そのほうが花持ちが良いからです。落蕾の危険気温は25度です。蕾が小さいほどその危険性が高くなります。 下旬頃からは花芽分化期です。夏の暑い時期に室内で管理していた株は、花を咲かせるために屋外で管理します。
(この花芽分化については「花を咲かせよう」で詳しく述べます。)

10月

花芽分化期そして着蕾期です。シャコバサボテンは短日植物ですから、日照時間が12時間以下になってから花芽を付けます。この時期、日照時間は12時間以下になるのですが、問題は外灯などの光です。この人工光にも反応しますので、日没後に電灯の当らない場所に置きます。下旬から気温も低下していきますので、低温すぎると着いた蕾が育たないことがありますので、その場合は室内へ搬入して育てます。

11月

着蕾期、開花期になります。10月下旬から11月にかけて室内へ搬入します。時期は「霜が降りる少し前」(ライチさん)「夜間の最低気温が10℃~13℃になったら」(NHK趣味の園芸)です。室内での置き場所ですが、窓際などに置くと、日中思わぬ高温になって落蕾の危険がありますので、温度差の少ない場所に置きます。また暖房器具の側に置くのもよくありません。開花株、着蕾株ともに高温になる場所は避けて置いてください。

~室内へ~

12月

着蕾期、開花期そして休眠期になります。これから春の成長期までは明るい室内に置き管理します。これからの時期は寒さと暖房による熱と乾燥に注意してください。 まだ開花してない蕾の状態の株は「シャコバサボテンを買おう」でも説明しましたが、蕾の成長を促すためにもある程度の温度は必要となりますので、低温での管理は避けて、暖かい場所で管理し開花させます。

1月

開花期、休眠期ですので部屋の片隅でもかまわないでしょう。「夜間の最低温度が5度を保てるところ」(NHK趣味の園芸)です。窓際ですとかなり温度が低下しますから注意してください。

2月

1月と同じ場所に置いて管理します。

Home > Tags > 月ごと

Return to page top