Home > Tags > カニバサボテン

カニバサボテン

植物を育てるのが苦手

「植物栽培が苦手」という人も多くて、そんな人の喩えとして「サボテンも枯らす」なんて言いますよね。サボテンは確かに水やりということでは、他の植物よりも回数が少ないかもしれませんが(種類によって違うのですが)、それゆえ難しいということも言えると思います。

とにかく水も肥料も日光もガンガン与えて育てる、というほうが楽ではないかと思っています。シャコバサボテンのように、半日陰で夏の施肥や水やりは控える、冬の休眠期もしかり、なんてことになると、スケジュールを書いていないと忘れてしまいそうですけれど。

そういうボクもはじめたばかりの頃は、年間のスケジュールを壁に貼ってました。そしてノートに細かくつけていたのです。今のほうが大雑把で「枯れなきゃ良いんだから」なんて思っているぐらいです。

花を咲かせるのが難しいのですが、育てるだけならそれほど、ということです。サボテンも育てるだけならなんとか出来るかもしれませんが、花を咲かせるとなると難しいのでしょうね。最近では100円ショップにもサボテンが売られていますが、あれを育てて花を咲かせる人はどれくらいいるのだろうか、なんていつも思ってしまいます。

シャコバも同じで、花を咲かせないのならばそれほど難しい植物ではないように思います。それに強い植物です。根腐れがあるといっても、その危険が迫ると茎節から気根を出して生き延びようとしますから。トカゲの尻尾切りみたいなもんで、枯れそうになるとその部分を切り離そうとします。

シャコバだけではなくて、着生植物は節から根を出して這うように育とうとしますよね。蔓状のもの、例えばアイビーの類とか芋類、トポスなんてのもいるいろなところから根を出そうとします。

もともと植物は強くて、身の危険が迫るとなんとか生き延びようとする力が備わっています。なにも植物だけではなくて人間も、生き物全てそうした治癒力、蘇生力があるのですが、狭い鉢の中や、野生とはかけ離れた生活をすると、そういった強さがなくなってゆくのでしょうね。

それに遠く故郷を離れて環境の違う場所で育てられているのだから、ストレスもたまるのだろうと思います。そういったストレスから弱くなっているのかもしれません。

そう考えると、植物も動物たちもかわいそうなものだと思います。そういうことをイメージしながら育てることが出来ると、もう少し気持ちが近づけるのかなあ、なんて思っています。

植物とのコミュニケーションを取ることが出来ると、その苦手意識もなくなるのでしょうが、これまたコミュニケーションってのは難しいですもんね。相手の気持ちになる、ということは、簡単そうでなかなか出来ないですから…。

カニバサボテンにカエル

カニバサボテン(かにばさぼてん)

かにばさぼてん

「はじめに」ででも書きましたが、これはこれは原種カニバサボテンの一種で、大正6 年頃日本に入ってきたそうです。シャコバサボテンに似ているのですが、茎節の突起が シャコバサボテンのように鋭くなく丸みを帯びています。

形状の違いと開花時期が1月~3月とシャコバサボテンよりもカニバサボテンのほうが 遅いです。またシャコバサボテンよりも幾分寒さに強いと感じられます。

昭和30年代から50年代には、九州の太平洋側の所謂無霜地帯といわれる地域では よく路地で栽培されていました。

育て方はシャコバサボテンと同じで良いでしょう。ですから「シャコバサボテンの栽培」 をご覧になられて管理してください。

シャコバサボテンとは

デンマークカクタス、カニバサボテン、それとも、しゃこばさぼてん?

シャコバサボテンのルーツはブラジル・リオデジャネイロ州のオルゴン山という標高1000メートル~1800 メートルの高地に自生しているカニバサボテン(Shlumbergera russelliana シュルンベルゲラ・ラッセリアナ) と、それよりも低いところで自生しているシャコバサボテン(Shlunmbergera truncataシュルンベルゲラ・トル ンカタ)が自然交配してできたものだと言われています。

ですから「カニバサボテン類の交配品種群」と植物専門書には書かれていたりします。 この「カニバサボテン類の交配品種群」を、さらに交配して作られたものが、現在わたし 達の言うシャコバサボテンで、12月頃に咲くので、クリスマスカクタスとも呼ばれています。 明治初期に日本に入ってきたということです。

元来、木や岩などに根を張る着生植物ですが、現在多くは土の中に植えられて栽培されています。 またデンマークで改良され1980年代に導入された、大輪早生のものをデンマークカクタスと呼んでいます 。花屋さんなどで売られているものは、シャコバサボテンとデンマークカクタスを区別してますが、 同じものとして扱っても良い思います。

カニバサボテン

カニバサボテン

カニバサボテン

これは原種カニバサボテンの一種で、大正6年頃日本に入ってきたそうです。シャコバサボテンに 似ているのですが、茎節の突起がシャコバサボテンのように鋭くなく、丸みを帯びています。

開花時期もシャコバサボテンよりも遅くて1月~3月頃です。よく開花時期から、イースターカクタスと 間違われるかたがいますが、イースターカクタスは星クジャクサボテンと言われるように、 月下美人やクジャクサボテンに近いものです。イースターカクタスの葉はシャコバサボテンや カニバサボテンよりも少し大きく厚みがありますし、花は全く違います。
カニバサボテンについて (参考・植物園へようこその 「イースターカクタス」

葉が蝦蛄(しゃこ)に似ているからシャコバ、蟹に似ているからカニバ、花の形が星に似ているから 星クジャクサボテンなんてネーミングも面白いですね。

このサイトについて

栽培管理方法は「水やり方法」「どこに置いて育てるか」「春の摘葉と秋の芽摘み」「植え替え」 「花を咲かせよう」「土・肥料について」「よくある質問」でご覧いただけます。 その月になにをすればいいのかの「毎月の管理」をご覧になっていただき、そのうえで 前記の各項目をご覧頂くと作業がやりやすいかと思われます。ご不明な点やご質問など ありましたら「お問い合わせ」または直接メールにてお問い合わせ下さい。出来るだけ迅速に 対応したいと思います。

わたしとシャコバサボテン

私の実家には父親が育てていたカニバサボテンがあります。 私の幼い頃の記憶の中にも(もう30年以上も前の記憶ですが…) 実家のカニバサボテンの花があります。父親は亡くなったのですが、 そのカニバサボテンたちは今だに元気よく育っています。このサイトで紹介しているカニバサボテンも その父親が育てていたものの子孫です。数十年経った現在でも命は受け継がれて行く。

しかし残念ながらこの先数十年枯れないという保障はどこにもありません。 日々思考錯誤しながら育てている毎日です。そうした日々の記録であります。 その記録が、ここに来られる皆様の参考になればと思っております。

シャコバサボテンの栽培に関するご質問や疑問などありましたら、ご遠慮なく お知らせ下さい。出きる限りのお答えをしたいと思っています。 なお栽培方法は地方によっては幾分違うと思います。私は九州熊本に住んでいますので、 そのことをご考慮のうえ管理の方法をお決め下さい。

Home > Tags > カニバサボテン

Return to page top