Home

シャコバサボテンの栽培

桜の花も終わったね

また来年。

桜の花も終わり

桜の花の散る頃

冬の間、屋内で管理していた株をいつ外に出せばいいのか迷う方もいるでしょうね。どこに置いて育てるかに書いているのでそちらを見ていただくとして、ボクは案外早く出してしまいます。最低気温が12℃から15℃あたりが安全でしょうけれど、今頃はまだ10度を下回る日があるのですが出しています。

部屋が狭いので(1K )ということもあるのですが、掃除や水やりの度に外に出していて、そのまま一晩置き忘れたりして。そして次の日からはよほど花冷えのする日ではない限りそのままになっていたりします。今年も3月20日から外に出していますし…。

もうすでに新芽を着けはじめていて、来週には芽摘みをして、その次の週には植え替えをするかなあ、と計画しています。今は親株とその子株が3鉢、合計4鉢あって、ま、それぐらいならすぐに終わりますしね。

多い時は親株が10鉢ほどあって、挿し芽の1年生がそれぐらいあったのですけれど。その年には何人かの人にもらっていただきました。プレゼントということでサイトでも応募いただいて何人かの人に送りました。

仕事で忙しかったり、ネット環境のない寮に住んでいたりで、ネットから遠ざかっていたので、その時の人たちとは連絡が途絶えているのですが、きっと大きく育っているのだろうと思っています。

あれも今頃、桜の花の頃でした。2002年でしたから、7年前。毎年、桜の花が散って「植え替えしなきゃなあ」なんて頃には、思い出しています。あの頃からボクの知識もほとんど進歩することはなかったのですが、またこのブログを綴ることによって、勉強していこうかなあと、思っています。

桜の花の散る頃

パフカル(サントリー)

これすごいですね。シャコバサボテンのような根腐れが多い植物には有効な素材なのかもしれませんね。

パフカルとは ミドリエについて 屋上緑化・壁面緑化 ミドリエ サントリー.

植物の育成が良好になるように通気性を確保し、根圏に酸素を供給し、植物の能力をこれまで以上に引き出せる土を使用しない素材です。

根の環境にはとてもいいようですし、鉢の中ではなくて、着生状態に育てることができるでしょうね。本来の姿で育てるというのが植物にとってもいいことでしょうし、花の壁のようにシャコバの壁も作れるでしょうね。

用土を使わなければならないということでもないですし、しっかりと根が育てばそれにこしたことがないので。

ミドリエについて 屋上緑化・壁面緑化 ミドリエ サントリー

サントリーは食品だけではなくて環境にも強い関心と意思があるようで、いろいろとプロジェクトを組んでいますね。食品という観点から物つくりをすると、環境に行き着くのかなあ、なんて考えています。

そろそろ植替えの時期ですね。もう少し早いでしょうけれど、新芽も出始めている方もいるでしょうね。暖かくなったら芽摘みをして、それから植替えを行います。方法は右の「植え替え」を参考にしてくださいね。あ、それと土は水はけが悪いと感じたら、パーミキュライトとか軽石とか発泡スチロールとかを入れて通気性を調整してください。

桜 散る

さくら(カクタス日記始まり始まり・・・)

ブログにしました。
やっと再構築を終えました。不具合があるかもしれませんしが・・・。WordPress、使いやすいですね。何年か前にMTを使ったことがあるのですが、結局使えないまま・・・。WPだと「え、もう出来ちゃった」と、2日でここまで出来るようになりましたけれど。あの頃は、ボクが未熟だったのでしょうね。

さくら、今日明日が満開のようです。雨が花についた汚れを落としたのでしょうか、艶々していました。公園もひっそりとしていて・・・。雨の日の花見もまた良いものだと思いました。

来週は入学式ですね。2学期も始まりますね。桜だけではなくていろいろな花が咲き始めます。シャコバサボテンのことだけではなくて、そんな花のことや花の写真なんかをここに書くことが出来るといいなあ、なんて思っています。

「カクタス日記」としました。「書く足す」なんて感じで・・・。また昔のように頑張って書いてゆきたいと思っています。よろしくお願いします。

枝垂れ桜
近くの公園のしだれ桜

目次

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Return to page top