Home > カクタス日記 > 植物を育てるのが苦手

植物を育てるのが苦手

「植物栽培が苦手」という人も多くて、そんな人の喩えとして「サボテンも枯らす」なんて言いますよね。サボテンは確かに水やりということでは、他の植物よりも回数が少ないかもしれませんが(種類によって違うのですが)、それゆえ難しいということも言えると思います。

とにかく水も肥料も日光もガンガン与えて育てる、というほうが楽ではないかと思っています。シャコバサボテンのように、半日陰で夏の施肥や水やりは控える、冬の休眠期もしかり、なんてことになると、スケジュールを書いていないと忘れてしまいそうですけれど。

そういうボクもはじめたばかりの頃は、年間のスケジュールを壁に貼ってました。そしてノートに細かくつけていたのです。今のほうが大雑把で「枯れなきゃ良いんだから」なんて思っているぐらいです。

花を咲かせるのが難しいのですが、育てるだけならそれほど、ということです。サボテンも育てるだけならなんとか出来るかもしれませんが、花を咲かせるとなると難しいのでしょうね。最近では100円ショップにもサボテンが売られていますが、あれを育てて花を咲かせる人はどれくらいいるのだろうか、なんていつも思ってしまいます。

シャコバも同じで、花を咲かせないのならばそれほど難しい植物ではないように思います。それに強い植物です。根腐れがあるといっても、その危険が迫ると茎節から気根を出して生き延びようとしますから。トカゲの尻尾切りみたいなもんで、枯れそうになるとその部分を切り離そうとします。

シャコバだけではなくて、着生植物は節から根を出して這うように育とうとしますよね。蔓状のもの、例えばアイビーの類とか芋類、トポスなんてのもいるいろなところから根を出そうとします。

もともと植物は強くて、身の危険が迫るとなんとか生き延びようとする力が備わっています。なにも植物だけではなくて人間も、生き物全てそうした治癒力、蘇生力があるのですが、狭い鉢の中や、野生とはかけ離れた生活をすると、そういった強さがなくなってゆくのでしょうね。

それに遠く故郷を離れて環境の違う場所で育てられているのだから、ストレスもたまるのだろうと思います。そういったストレスから弱くなっているのかもしれません。

そう考えると、植物も動物たちもかわいそうなものだと思います。そういうことをイメージしながら育てることが出来ると、もう少し気持ちが近づけるのかなあ、なんて思っています。

植物とのコミュニケーションを取ることが出来ると、その苦手意識もなくなるのでしょうが、これまたコミュニケーションってのは難しいですもんね。相手の気持ちになる、ということは、簡単そうでなかなか出来ないですから…。

カニバサボテンにカエル

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://oppio.net/wp-trackback.php?p=277
Listed below are links to weblogs that reference
植物を育てるのが苦手 from シャコバサボテンの栽培

Home > カクタス日記 > 植物を育てるのが苦手

Return to page top