Home > 未分類 > 桜の花の散る頃

桜の花の散る頃

冬の間、屋内で管理していた株をいつ外に出せばいいのか迷う方もいるでしょうね。どこに置いて育てるかに書いているのでそちらを見ていただくとして、ボクは案外早く出してしまいます。最低気温が12℃から15℃あたりが安全でしょうけれど、今頃はまだ10度を下回る日があるのですが出しています。

部屋が狭いので(1K )ということもあるのですが、掃除や水やりの度に外に出していて、そのまま一晩置き忘れたりして。そして次の日からはよほど花冷えのする日ではない限りそのままになっていたりします。今年も3月20日から外に出していますし…。

もうすでに新芽を着けはじめていて、来週には芽摘みをして、その次の週には植え替えをするかなあ、と計画しています。今は親株とその子株が3鉢、合計4鉢あって、ま、それぐらいならすぐに終わりますしね。

多い時は親株が10鉢ほどあって、挿し芽の1年生がそれぐらいあったのですけれど。その年には何人かの人にもらっていただきました。プレゼントということでサイトでも応募いただいて何人かの人に送りました。

仕事で忙しかったり、ネット環境のない寮に住んでいたりで、ネットから遠ざかっていたので、その時の人たちとは連絡が途絶えているのですが、きっと大きく育っているのだろうと思っています。

あれも今頃、桜の花の頃でした。2002年でしたから、7年前。毎年、桜の花が散って「植え替えしなきゃなあ」なんて頃には、思い出しています。あの頃からボクの知識もほとんど進歩することはなかったのですが、またこのブログを綴ることによって、勉強していこうかなあと、思っています。

桜の花の散る頃

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://oppio.net/wp-trackback.php?p=221
Listed below are links to weblogs that reference
桜の花の散る頃 from シャコバサボテンの栽培

Home > 未分類 > 桜の花の散る頃

Return to page top