Home > カニバサボテンについて > カニバサボテン(かにばさぼてん)

カニバサボテン(かにばさぼてん)

かにばさぼてん

「はじめに」ででも書きましたが、これはこれは原種カニバサボテンの一種で、大正6 年頃日本に入ってきたそうです。シャコバサボテンに似ているのですが、茎節の突起が シャコバサボテンのように鋭くなく丸みを帯びています。

形状の違いと開花時期が1月~3月とシャコバサボテンよりもカニバサボテンのほうが 遅いです。またシャコバサボテンよりも幾分寒さに強いと感じられます。

昭和30年代から50年代には、九州の太平洋側の所謂無霜地帯といわれる地域では よく路地で栽培されていました。

育て方はシャコバサボテンと同じで良いでしょう。ですから「シャコバサボテンの栽培」 をご覧になられて管理してください。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://oppio.net/wp-trackback.php?p=134
Listed below are links to weblogs that reference
カニバサボテン(かにばさぼてん) from シャコバサボテンの栽培

Home > カニバサボテンについて > カニバサボテン(かにばさぼてん)

Return to page top