Home > 水やりの方法 > 水やりの方法

水やりの方法

水やりはどんな植物栽培でも難しいものです。シャコバサボテンの栽培においても、もっとも気を使う作業だと言えるでしょう。水やりは何日に何回と明言できるものではなくて、使用用土や栽培している気候などによって、いつやるかが変わってきます。以下に書いた水やりの方法を参考にして、あなたに合った水やりの方法をお探しになれば良いかと思います。

水やりの基本

水やりのタイミング

鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底から水が流れ出すくらいたっぷり与える。

水やりは午前中

特に冬は、10~12時の日中暖かい時間が適しています。

鉢皿に水をためない

水やり後鉢皿に水がたまったままだと、鉢土の水分が過多になり、根腐れを起こしやすくなります。鉢皿に水をためて鉢底から吸わせる方法はなるべくなら避けてください。

冬の水やりは室内で

戸外で行なうと、寒さの害を受けやすいので気をつけましょう。

成育パターンに合わせた水やり

シャコバサボテンの成育パターンは休眠期、成長期、成育不適期、開花着蕾期の4つに分かれます。これに合わせた水やりを行います。

休眠期(1月~3月)

休眠中の鉢土は乾かし気味にします。鉢土が乾いてさらに3~4日程待って行います。この時期は室内で管理していますので、室温が高いと自然蒸発分も多くなり鉢土も乾きやすいかもしれませんので、鉢土の様子をよく観察したほうが良いでしょう。水やりの回数も減って空気の乾燥する季節ですので、水やりのほかに、月に一度は霧吹きで株全体に水をかけるようにします。

しかし加湿器などで室内の湿度を調整している場合は、それほど神経質になる必要もないと思います。休眠期ですので、株に刺激を与えるようなことは避けたほうが良いでしょう。

成長期(4月~6月)

この時期には基本の水やりを行います。この時期においても鉢土の過湿には十分注意します。「鉢土の表面が乾いたら」というのが判断し難い場合は、鉢を持ち上げてその重さで判断するのもいいでしょう。また鉢土の表面を少し掘ってみると分かりやすいです。

成育不適期(7月~8月)

月上旬までは夏の暑さにより成育不適期となります。この時期注意しなければならないのは根腐れです。夏の高温期には鉢の中も暑くなります。そういった時期に過湿にすると根腐れを起します。ですから乾かし気味にします。梅雨には雨の当らない場所に置くのも重要なことです。

開花着蕾期(9月~1月)

蕾が着くまでは、成育不適期に引き続き乾かし気味の水やりを行います。この時期は気候的に成長期なので、株は新しい芽を出そうとします。蕾を着けさせるためには、その成長を止めて、茎節の先端を熟成させる必要があります。この時期を着蕾準備期と言ってます。蕾が着いたら、蕾の成長を促すために基本の水やりにします。開花中も基本の水やりを行います。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://oppio.net/wp-trackback.php?p=118
Listed below are links to weblogs that reference
水やりの方法 from シャコバサボテンの栽培

Home > 水やりの方法 > 水やりの方法

Return to page top